本文へスキップ

TEL. 027-322-1314

いけばな松風本部事務局 群馬県高崎市芝塚町1890

流派紹介

歴代家元

     
     
初世 塚越応m  1921〜1979 二世 塚越生武 1980〜1993 三世 塚越応鐘 1993〜
    
松風流

松風流(しょうふうりゅう)が、初代家元塚越応m(つかごしおうけい)によって興流されたのは 大正10年のことでした。
応mははじめ画家を志し、女子美術学校(現女子美術大学)において日本画を修めました。後に「絵を描く気持ちで花をいけること」を試み線条や色彩を立体的に組み合わせ、日本画のマチエールを盛花(もりばな)に盛り込みました。

水盤に色彩感溢れる空間を構築し、諸派、諸流の競い合う華道界に新風を吹き込みます。
古典華が主流だった当時にあって、剣山と水盤を用いる盛花に日本画独特の線を生かし、色彩の配置にも工夫を凝らし、極めて絵画的に作品を構成していく松風流は多くの門弟を得ました。

大正から昭和にかけて、都市の中流階級の住宅には洋間が多くなり、従来の花を飾る空間としての床の間は、時代とともに住宅環境の変化により衰退していきます。鉄とコンクリートとガラスから構成される現代の建築物の空間を飾る花として、新しいいけばな花材・花器とも新素材が用いられ、「自由花」「現代花」として多くの人々を魅了していくことになります。

大正15年、夫の赴任地である熊本市に居を構え、八代支部の発足や、毎年デパートで流展を開くなど流活動が急速に盛り上がり、教授資格を持つ門弟が養成されました。

昭和18年、夫の郷里群馬県高崎市に帰り家を相続。熊本を支部とし、高崎、東京を中心の本格的活動を展開、高崎の地を本部と定めました。


松風流盛花

この頃東京に同名の流派があり諸々の混乱を避ける為、先方の家元と話し合いの末、当流が盛花の専門流派であることから二文字を足し、「松風流盛花」と流名を変更致しました。

昭和26年福岡支部が発足、昭和35年東京新宿に華道松風会館、昭和40年に高崎本部会館、昭和45年福島県支部発足、昭和50年に記念庭園が完成しました。

昭和55年二世家元就任。

二世家元塚越生武(つかごしなりたけ)は「暮らしの花」を提唱しました。生武は植物の天然自然に供え持つ風合いが、人の暮らしにもたらす「雅」を大切にする華道を目指しました。

古来からの伝統を守り現代の生活空間に調和する花あしらいとは何かを自らに問いかけ、志を同じくする門人とともに松風流盛花を不動のものとする研鑽を重ねました。

同年秩父支部が発足。「松風流盛花作品集」発刊、流誌「松風」にも力を注ぎました。

平成5年三世家元就任。

不易流行を見つめることが肝要である事は華道とて同様です。

古伝を大切に護り、時代の新味を見逃さない美の造形に一身を捧げることは「暮らしの花」を提唱した二世生武の本義を継承する戦いであると、当世家元塚越応鐘(つかごしおうしょう)は考えます。

古伝に花の不易を見つめ、時代とともに生きるいけばなを模索することこそ、当世の務めであると日夜精進いたしているところです。


いけばな松風

その昔、やむを得ず流名を「松風流盛花」に変えるにいたった経緯のもう一つの「松風流」はその名のままにはとうに現存せず、当流の名を「松風流」に戻すことを考えて来ました。

盛花という言葉自体、説明抜きには読むことすら難しい時代です。

それを乗り越え継続させる事も意義がありますが、流名を戻すのではなく、もう一歩先を見つめる事を目指し変更することとしました。

「いけばな」を自由な視点から模索する「松風」をもっと展開させたいとの考えから、創流85周年(平成17年)を期に流名を「いけばな松風」(いけばなしょうふう)と致しました。

バナースペース

いけばな松風

いけばな松風高崎本部 
群馬県高崎市芝塚町1890
TEL 027-322-1314
FAX 027-322-1354

いけばな松風東京本部 
東京都新宿区百人町2-18-20
TEL /FAX 033‐369‐3769